■  生理食塩水バッグ@



  豊胸手術でプロテーゼ法を選択した場合、胸の中に挿入する
  人工バッグの種類が幾つかあります。これまでは生理食塩水
  が一般的でしたが、最近ではバッグの開発が進化し、コヒー
  シブシリコン・ハイドロジェル・CMCバッグなど種類も増
  えています。

  では、これまで一般的とされてきた、生理食塩水バッグの利点
  はどんなところでしょうか?まず、一番大きい利点と言えば、
  費用が低く抑えられると言う天です。そして、人工バッグが
  体内で破損した場合のカラダに対するリスクが少ないと言う事
  です。生理食塩水は簡単に言えば塩の入った水ですから、想像
  していただいても分かるように、生理食塩水の中で繁殖した
  カビやばい菌は心配ですが、抗生物質で治療できますよね。
  ですから、カラダに対する大きな影響は無いとされています。

  ただし、もちろんデメリットもあります。生理食塩水の場合、
  人工バッグが破損した場合、すぐに収縮してしまいます。
  極端に言ったら、仕事中、胸の中に入れた生理食塩水のバッグ
  は破損したら、その場で胸がしぼんでしまうと言う事です。
  低予算で、しかもカラダに大きな悪影響を与えることなく胸を
  大きく出来る一方で、もし、人工バッグが破損したら、その場
  で豊胸手術している事が周りの方に知られてしまうと言うデメ
  リット・・・。

  しかし、多くの方が今まで、生理食塩水バッグでの豊胸の施術
  をしてきたと言う実績はありますよね。メリットとデメリット
  どちらに重きを置くか、人それぞれですが、後悔の無いように
  良く検討して下さいね。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ プロテーゼ法   ★ シリコンゲルバッグ
  ★ ヒアルロン酸注入法
  ★ エクササイズ・サプリメント