■  脂肪注入



  豊胸手術の一番安全な方法は脂肪注入法と言われています。
  自分自身の脂肪を使うため、拒絶反応も起こりませんし、
  何より、プロテーゼ法などと違い、術後に胸が硬くなって
  しまう事がありません。プロテーゼ法等とは違い、自分の
  脂肪を注入し、体内に異物を挿入しないので、傷跡も小さ
  くすみます。豊胸手術で脂肪を注入する場合、形が出来た
  物を挿入するのとは違う為、自分の理想の通りに定着する
  事は少ないようです。

  理想通りのバストを手に入れられるのは、全体の約3割と
  言われています。また、デメリットとして、自分の脂肪を
  注入するので、体内に吸収されてしまう場合があります。
  吸収されると残念ながら、豊胸手術前よりも胸が小さくな
  ってしまう事もあります。脂肪注入法を考える方は2回
  以上の施術行うことで、理想のバストに近づく事が出来そ
  うです。脂肪注入法は、太ももやウエスト、ヒップなどの
  自分の粗暴をを注入する為、脂肪が取れないほど痩せてい
  る場合は手術できません。

  脂肪注入法は脂肪が定着するときに周囲に繊維性の細胞が
  出来、その細胞に触れると小さなシコリのように感じます。
  豊胸手術の脂肪注入法で出来た塊を乳がんのシコリと間違
  えてしまう事があり、乳がん検査の際の超音波検診で腫瘍
  と誤った診断をされる事が良くありますので、脂肪注入を
  する前に必ず乳がん検診を受けておくことをお勧めします。

  この施術のメリットは、安全な事と、自分の気になっている
  部分の脂肪を胸に移動させられるので、ウエストやヒップラ
  インの脂肪を取りたいと考える方には一石二鳥です。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ プロテーゼ法   ★ シリコンゲルバッグ
  ★ ヒアルロン酸注入法
  ★ エクササイズ・サプリメント