■  豊胸の除去



  豊胸手術を、信頼の出来る医師のもとで、じっくりとカウン
  セリングを受け、納得の上で施術したとしても、出来上がりを
  見るまでは、実感として湧かない物です。実際に、施術後、
  「想像していた形や大きさにならなかった」「想像以上に違和
  感がある」「術後から胸がずっと痛い」などの不満や、施術後
  数年たってから、「健康上のリスクを考慮して」「母乳を問題
  なく与えたい」など様々な理由から、挿入した人工バッグを取
  り外すことを希望する女性も少なくないようです。

  ただ、除去手術は、豊胸手術よりも大変複雑だとされています。
  シリコンゲルバッグが胸の中で破損し、乳房の組織内に流出した
  場合の除去手術では、乳腺を切除しなければならなくなる場合
  もあるようです。もし、除去手術の決断をした場合には、施術
  していただいた医師にこだわらず、除去手術の経験た豊富で、
  評判の高い医師にお願いして下さい。また、豊胸手術を受ける
  前に、「取り外したくなったとき」の事前調査もしっかりして
  おく事をお勧めします。医学的な証明はされていませんが、妊娠
  や出産で、母乳に影響が出てしまう可能性があるため、殆んどの
  医師は若い出産前の女性への豊胸手術は勧めていないようです。

  どんなに腕の良い医師に出会えても、豊胸手術後、数年理想の
  バストを楽しんだ後、除去手術を受けたとしても、完全には元の
  姿へは戻れません。施術を決心する前に、その後のデメリット・
  メリットを良く把握しましょう。

  

■ 本サイト人気コンテンツ

  ★ プロテーゼ法   ★ シリコンゲルバッグ
  ★ ヒアルロン酸注入法
  ★ エクササイズ・サプリメント